コーヒーフィルター代用品【キッチンペーパーVS茶こし】

フィルターを切らした時の代用品としてキッチンペーパーや茶こしを使う方法があるそうです。
せっかくなので、両方で飲み比べしてみました!

フィルターがない時の救世主になるのか

ペーパードリップでコーヒーを楽しんでいる方にとって、ついうっかりフィルターを切らしてしまうことってあるんじゃないでしょうか。
そんな時に何かで代用できれば、その場しのぎだとしても助かりますよね。

要は、コーヒーの粉を通さず抽出できるものであれば良いわけです。
(美味しいかどうかは別として。)
そこで浮上した候補がキッチンペーパー茶こしを利用した方法です。

キッチンペーパーをフィルターにして淹れてみた

似たような素材のものでペーパーフィルター代わりになりそうなものとして「キッチンペーパー」を使用して試してみます。
今回は円錐型ドリッパーを使用します。
キッチンペーパーの折り方は台形型ドリッパーでの折り方を参考に円錐型にしてみました。
三角形になるよう半分に折って、

キッチンペーパー代用

両端の角を交差させるように折って、
(※ここで下部分が角にすれば円錐型に、面にすれば台形型に合います。)

キッチンペーパー代用

上部をめくり、

キッチンペーパー代用

円錐型に開いて完成!

キッチンペーパー代用

ではでは、いつも通りドリップしてみましょう。

キッチンペーパー代用

なんだか、良い感じです。

揚げ物の油を吸わせたりもできるキッチンペーパー、表面には油分も浮かばず、ペーパーフィルターの仕上がりに似た見た目です。

キッチンペーパー代用で淹れたコーヒー

テイスティング

そのお味はというと…

 

普通に美味しいです!!

 

正直、「キッチンペーパーの臭いが移ってそう」とか嫌な予感がしていたのですが、そんなことはなかったです。
唯一、普通のペーパーフィルターで淹れた時と比べてみると「ちょっと淡泊かな?」と思いましたが、それ以外で特別違和感はありませんでした。
キッチンペーパーを常備している家庭なら、安心してペーパーフィルターを切らしてください!と言えるレベルですね。

茶こしを金属フィルターっぽく使って淹れてみた

続いては「茶こし」を代用品とした実験。
以前、こちらでも紹介した通り、「ステンレスフィルター」といった金属メッシュでできたドリッパーが普及しているくらいです。
「茶こし」だって同じような物でしょう!と思う方も多いはず。

あわせて読みたい

 

今回用意したのは100均のもの。

カップやサーバーにも直接かけれるので楽です。

茶こし代用

ただ、今回用意したものはサイズが小さく10gでもいっぱいいっぱいな感じです。

粉が溢れそうな中、無理やり淹れてみました。

茶こし代用

仕上がりはステンレスフィルターで淹れた時の様にコーヒーオイルが浮かんでおります。

茶こしで淹れたコーヒー

テイスティング

味はですね…、

うん、まぁ飲めなくはないけど。。。

ちょっと苦いし渋いし。。。

今回は同じ条件で揃える為に中細挽きで淹れてみたので、味も渋めで飲み終えたカップにも微粉がいっぱいでしたが、中挽きくらいなら良かったのかも。
それか、もう少しちゃんとした茶こしを用意するとか。

ただまぁ、これならおとなしくステンレスフィルターを常備しておけばいいかなぁと思ってしまいました。

まとめ

もし、頻繁にペーパーフィルターを切らすようなことがあれば、1つステンレスフィルターのドリッパーを備えておくのも手かと思います。
ただ、「できるだけいつものペーパーフィルターでの味わいに近付けて飲みたい!」ということであれば、キッチンペーパーでの代用はおススメです。