コーヒーメーカーで焙煎後の確認をしてみる【メリタ ノアSKT54】

コーヒー豆の焙煎において、味わいのチェックをするテイスティングの作業は必須です。
粉にしたコーヒーにお湯を注ぎ口に含んで確認するカップテストももちろん大事なのですが、それと同じくらい私が気にしている事は「コーヒーメーカーで淹れた場合の味わい」です。

家庭における美味しいコーヒーとは

常に同じ味わいを提供できる事を意識しつつも、ちょっとしたアレンジを試してみたり、仮説を立て検証してみたり、答えのないコーヒーに悪戦苦闘しています。

私の場合、焙煎したコーヒー豆は店頭やオンラインショップで豆(あるいは粉)のまま販売もしますし、喫茶店内でハンドドリップしたコーヒーとしても提供しています。
焙煎後はカップテストと、実際にドリップしてみてお客様の口に入る時の味わいもチェックしています。

自分で美味しいと思えるよう焙煎しドリップしている、これを逆算して考えてみると、自分が美味しいと思う味を表現する為にドリップし焙煎している、ということになります。

しかしながら、豆を購入して頂いた場合はどうでしょう。
焙煎までのプロセスは私が担ってはいますが、その後の抽出に至っては当然私の手から離れます。
最初はあまり考えていなかったのですがある時から、各家庭でどのように消費されていくのか、そしてそれは意図した味わいになっているのかどうかが気になるようになりました。
そして、お話をしてみると多くの方がコーヒーメーカーを使っているみたいなんですね。
よくよく考えてみると自分で焙煎した豆、コーヒーメーカーで試した事なかったですし。

そんな背景もあり、メリタから出ているコーヒーメーカー「ノアSKT54」で自分のコーヒー豆を確認することにしました。
まぁ、自己満足の部分が大半ですが。。。

メリタ「ノアSKT54」で淹れたコーヒー

保温ポット

コーヒーメーカーにもそれぞれ特徴や搭載機能が異なります。
私自身、多くのコーヒーメーカーを使ってきたわけではないのですが、「ノアSKT54」の良かった部分をいくつかご紹介してみたい思います。

  1. 水を注いでから抽出開始までの時間が早い(1分もかからなかったかな?)
  2. 保温ポットの口が広い。
  3. 保温性能が高い。

①に関しては、一番驚きました。
最近のコーヒーメーカーでは珍しいことではないのかもしれませんが、蛇口から出てきた水をタンクに注いで電源入れてものの1分程度で抽出が始まるなんて。。。
お店でドリップする時なんて、まずガスコンロで湯を沸かすのに数分、適温になるまで数分、そこからようやく抽出開始ですよ。
時間に余裕があればハンドドリップでも良いのでしょうが、なかなかコーヒーを飲むために毎日そこまで手間暇かけてやってらんないじゃないですか。
となると、この手軽さにこのスピード感、コーヒーメーカーを使用するご家庭が多いのも頷けます。

②も個人的にはポイントが高いです。
こういった保温ポットの口って何故か手が入りそうで入らないギリギリの狭さのものが多いんですよね。
ところがこちらに関しては、私の握りこぶしでも十分に入る広さになっています。
つまりはスポンジを持った状態でも、ポットの底まで手が届くので洗いやすいということですね。
キューブアイスくらいなら砕かずとも入りますので、アイスコーヒーをつくるのにも便利です。

③に関しても、抽出してから1時間くらいは適温を維持できている感じでした。
底にある熱源で再加熱しながら温度を維持するものもありますが、あのタイプはまぁ煮詰まります。
こちらはあくまで”保温”なので徐々に温度は下がっていきますが、時間が経っても煮詰まった嫌な味がするわけでもなく、1~2時間程度であれば淹れたてに近い温かいコーヒーを楽しめるかと思います。

味わいは?

肝心の飲んだ時の印象ですが、ハンドドリップに比べると丸みや柔らかみのない固いコーヒーに感じました。
たぶん、抽出温度が自分でドリップする時の温度に比べて高めなのかなぁと。
そういう意味では、手間は掛かりますがハンドドリップは細かい変化を付けやすいでね。
コーヒーメーカーは温度も固定ですし、できることといったら粉を増減して濃度を変えることぐらいでしょうか。
要するに「焙煎時に思い描く味わいは、コーヒーメーカーを使用しても大幅にブレることはない」ということです。

最後に

焙煎で失敗したり、古くなったコーヒー豆は良いコーヒーマシンを使おうが、ハンドドリップしようが美味しくはなりません。
そのような軸となる味わいが抽出器具によって劇的に変えることができない以上、焙煎の工程がいかに大事な部分か再認識しました。
だからといって抽出の工程を軽んじるわけではありませんよ。

すべての要素が複雑に絡み合いながら、1杯のコーヒーができる。
コーヒーマシンでテイスティングすることによって、そんなことを改めて感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください