【喜茂別・京極・赤井川・余市編】道の駅スタンプラリー2017

3月下旬になり、北海道も路面はだいぶ雪解けが進みましたね。
ということで、しばらく滞っていたスタンプラリーを再開しました!
今回はまだまだ残っている道央エリア4箇所+ニッカウヰスキー蒸留所を日帰りで周ってきました。

Wチャンスに応募しよう!

前回、スタンプを押したのがおよそ3か月前。
路面が雪からアスファルトに変わるまで大人しくしていたのですが、例年よりやや早い3月中旬には道路の雪も解け始めましたので、さっそく行ってきましたよ!
というより、この3月21日はスタンプラリー2017の『Wチャンス』抽選の応募最終日だったので、滑り込みで応募してきました。
『Wチャンス』というのは、完全制覇でなくてもスタンプの数に応じて抽選で賞品が当たる企画です。

チャレンジ賞(スタンプ5個以上):オリジナルスタンプブックカバー

ハーフラリー賞(スタンプ50個以上):特産品セットB

周遊賞(スタンプ80個以上):特産品セットA

完走賞(スタンプ115個以上):特産品セットS

スタンプブックに応募ページがあり、期間内に最寄りの道の駅に提出します。
正直「ハーフラリー賞(スタンプ50個)に応募できるかな?」と思っていたのですが、この日押したスタンプを含めても39個でした(笑)ということで今回はチャレンジ賞に応募しました。

ちなみに完全制覇の認定申し込みは2017年度版でも2019年の3月21日までのスタンプが有効です。
私もあと1年猶予がありますので、引き続き完全制覇を目指していきます!

▼これまでの実績はこちらからどうぞ!

あわせて読みたい

 

喜茂別・京極・赤井川・余市編


注意
グーグルマップの表示は参考ルートであり、実際に走行したルートではありません。

今回、このルートにしたのにはちょっとした理由があります。
最初に立ち寄る喜茂別町の道の駅『望羊中山』は、中山峠という冬期は事故の多い道にあります。
ここは絶対雪が解けてからでないと危ないと思っていたので、気温の高い日が続いたことを確認して行くことに決めました。

ちなみに雪が解けてもこの時期の路面には注意が必要です。
路面の僅かなヒビに日中に解けた雪水が入り、夜に気温が下がり凍結する。
これが繰り返されることによって、路面のアスファルトが割れ、大きな穴ができます。

アスファルトの穴

もちろん、随時補修工事が行われているのですが、この時期はまだまだ道路がガタガタです。
大きい衝撃を感じたり、ハンドルを取られることもありますので、スピードの出し過ぎには気を付けてくださいね。

喜茂別道の駅『望羊中山』

中山峠
中山峠に入ると道路脇に寄せられている雪に高さがありましたが、路面はしっかりとアスファルトが出ていたので安心しました。

望羊中山
当たり前ですが、峠道なのでなかなかコンビニ等の休憩スポットがありません。
そんな中『望羊中山』は、「そろそろ休憩したいなぁ」と思うちょうどいい場所にありました。

売店

峠のあげいも
1階には売店と名物の『あげいも』のお店があります。

あげいもトッピングコーナー
『あげいも』にはトッピングもできます。
道産子の嫁曰く「昔はトッピングなんてサービスなかった気がする。」とのこと。

あげいも
私は初『あげいも』だったのでプレーンでいただきました。
思ったよりボリュームがあるので、昼ご飯はこれだけで満足しちゃいました。

休憩スペース
2階には無料開放の休憩スペースがあります。

羊蹄山
蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山を眺めることができます。
この後行く京極町のふきだし湧水は、この羊蹄山の雪解け水が長い年月を経て流れ出てくるものなんですね。

道の駅『望羊中山』について

  • 住所:虻田郡喜茂別町字川上345番地
  • TEL:0136-33-2671
  • 一口メモ:花より団子、羊蹄山よりあげいも。いえ、どっちも素敵です。

京極道の駅『名水の郷きょうごく』

羊蹄山
『望羊中山』から羊蹄山に向かって京極町を目指します。
道中の景色は最高に良いです。

名水の郷きょうごく
40分程度で到着しました。
スタンプはこちらの建物で押せます。

名水の郷きょうごく館内
館内には食堂もあります。

吊り橋
建物の脇に吊り橋が掛かっていて、こちらを抜けると有名なふきだし湧水の場所に行けます。

湧水
容器があれば誰でも水を汲むことができます。
空いたペットボトルに入れて湧水を頂きましたが、口当たりの良い美味しいお水でした。
京極町ではこちらの湧水を使った飲食店も多いみたいです。

湧水
湧水
湧水
湧水の流れる空間に心癒されます。
こういう綺麗な写真が撮れるようになったのでミラーレスカメラを買って良かったです。

あわせて読みたい

 

道の駅『名水の郷きょうごく』について

  • 住所:虻田郡京極町字川西45番地1
  • TEL:1236-42-2292
  • 一口メモ:名水百選にも選ばれた湧水があるので、要ポリタンク。

赤井川道の駅『あかいがわ』

メープル街道393
『あかいがわ』を目指し、国道393号線を走りました。
この国道は別名『メープル街道393』とも言うそうで、沿線にはカエデ(メープル)が多く、秋の紅葉シーズンには見事な景色になるそうです。

あかいがわ外観
『名水の郷きょうごく』より車で40分程度で到着しました。
可愛らしい外観の建物です。

あかいがわ内観
あかいがわ駐車場
施設内は落ち着いた雰囲気だし、外も長閑な風景で癒される道の駅でした。

道の駅『あかいがわ』について

  • 住所:余市郡赤井川村字都190番地16
  • TEL:0135-34-6699
  • 一口メモ:メープル街道393を走るルートがお勧めです!

余市道の駅『スペース・アップルよいち』

スペースアップルよいち外観
『あかいがわ』より車を走らすこと30分、本日最後の道の駅に到着しました。
なかなか渋い雰囲気の売店です。
こちらの店内にて道プレマグネットを販売しているのですが、スタンプは何故かこちらでは押せず向かいにあるもう一個の売店内にあります。

売店
こちらの売店にスタンプ台があります。
逆にこちらではマグネットを買えないみたいです。
どっちかに統一するなり、どちらでもスタンプとマグネット取り扱いすれば良いのに。。と思ったのはここだけの話。

宇宙食
錯覚の部屋入口
錯覚の部屋内部
ちなみにスタンプ台のある売店は、宇宙系のグッズや無料体験の『錯覚の部屋』があったりして面白かったです。
あ、あと男子トイレだけだと思いますが、めっちゃ宇宙感を演出してくれる小便器があるのでメンズの方は是非利用してみてください。

余市宇宙記念館
あと敷地内には余市宇宙記念館も併設されています。
残念ながらこの日は冬期休館でした。。。

道の駅『スペース・アップルよいち』について

  • 住所:余市郡余市町黒川町6丁目4番地1
  • TEL:0135-22-1515
  • 一口メモ:子供は道の駅、大人は隣の蒸溜所、親子で楽しめる町、余市。

ニッカウヰスキー余市蒸溜所

ニッカウヰスキー蒸溜所
本当は予定していなかったのですが、『スペースアップルよいち』から歩いても行ける距離にあったので、この機会にさらっと見学してきました。
下調べしてこなかったので知らなかったのですが、なんと無料で見学できるんですね。
それでいてウイスキーの試飲もできるなんて、素晴らしすぎる!
それだけに運転手であることを悔やんでも悔やみきれませんでした。

ニッカウヰスキー蒸溜所内
こんな感じでウイスキーができるまでの各セクションごとに見学ができます。
凄いですよね、デ○ズニーランドのビッグサンダーマウンテンみたい。

旧竹鶴邸
旧竹鶴邸は和洋折衷な雰囲気が素敵でした。

最後に

スタンプ一覧
各道の駅のスタンプはこちらです。

道プレマグネット
続いてマグネット。

夏になるまでには道央エリアを制覇していきたいと思います!
では引き続き応援よろしくお願いします~。

※追記※
1週間後、同じく道央エリア5箇所を周りました!

あわせて読みたい

 

~残り78箇所~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください