【グラインダー】デロンギKG364Jで極細挽きを!

美味しいエスプレッソを楽しむには極細挽きできるエスプレッソ対応のグラインダーが必須です。
家庭用で人気のあるデロンギKG364Jのレビュー的な記事です。

デロンギKG364Jの使用感

KG364J

ドリップ用で購入する方もいるみたいですが、私は完全にエスプレッソ専用として使用してます。

もともと持っていたBONMACのBM-250Nやカリタのニューカットミルでは一番細かいメッシュ(挽き具合)でもエスプレッソに適した極細挽きができないので、新たにKG364Jを増やしました。

購入してから日にちも経ったので素直な感想・レビューを綴っていきます。

エスプレッソ用としてはコスパが良い

ネットで購入したのですが、送料込みで概ね1万円です。
極細挽きができるミル・グラインダーの中では低価格帯の部類です。

実際に極細挽きができるのか確認してみましょう。
左がデロンギKG364JのExtraFineの3番(3番目に細かい設定)で、右がニューカットミルの1番細かい設定です。

KG364Jメッシュ

これだけ細かく挽けているのでエスプレッソ用に十分使えます。

あわせて読みたい

ここが不便!

値段も安く機能的にも問題がなさそうに思えますが、使ってみて気付いた部分もあります。

それは、刃にコーヒー粉がかなり付着するところです。

ミル・グラインダーでは付着すること自体は普通の事なのですが、ちょっとその量が多すぎかなぁと思います。

KG364J

これで1回分です。

この時は18グラムの豆を入れたのですが、粉で出てきたのは15グラム程でした。
3グラムの誤差はちょっとでかいですね。
説明書にも「本体を叩いて粉を出し切れ」と書かれてはいますが、刃の部分にこれだけ詰まってしまってはいくら本体を揺らしても出てきません。

あと粉受けに微粉が付くのは仕方ないのですが、角張った形なので粉が隅に入ってしまうと掃き出しにくい形状なのもマイナスに感じます。

KG364J

正直「極細挽きができる」以外ではあまり使い勝手は良くないです。

特にエスプレッソで使う予定が無ければ、若干高くなりますがBM-250Nやナイスカットミルを購入した方が良いと思います。

エスプレッソを淹れてみた

なんにせよこのくらいの価格帯で、多くを求めても仕方がありません。

私はエスプレッソ要員としてKG364Jを購入したので、極細挽きさえできれば多少使い勝手が悪くても問題ありません。
んで、肝心のエスプレッソはどうなのかというと。。。

KG364Jクレマ

ちょっとまだ薄いですが、クレマも作れたのでエスプレッソ用グラインダーとしてはしっかりと役割を果たしてくれました!
これ1台ではあらゆる抽出に対応はできませんが、極細挽きができるメリットを加味したらコスパの良い買い物かと思います。
エスプレッソをはじめるにあたって費用をあまりかけれない方にはおススメの機種ですよ。