美味しいアイスコーヒーの作り方とコツ【急冷式】

本格的に暑くなる前にアイスコーヒーの作り方を予習しておきませんか?
自宅でコーヒーをドリップしている方ならすぐ実践できますよ!

アイスコーヒーを作る為には

最近ではコールドブリューなんて言われている水出しコーヒーですが、これを冷やしてアイスコーヒーとして楽しむ方法があります。

あわせて読みたい

 

この方法ですと、抽出した濃度のまま冷やすことができるので、コクのあるアイスコーヒーが手軽に楽しめます。
また、分量等を決めてしまえば毎回同じ味に仕上げることも可能です。

ただし、水で低温抽出を行う為、出来上がるまでに半日~1日程の時間が必要となります
つまり、「今アイスコーヒーを飲みたいッ!!」って思っても作り置きが無ければすぐには飲めないということですね。

常に切らさないよう作り置きをしてあれば良いのですが、そこまでアイスコーヒーに対して用意周到な人もなかなかいないと思います。
そんな時は別の方法でアイスコーヒーを作るしかありません。

至極単純ですが「ホットコーヒーを急冷してアイスコーヒーにする」という方法です。

今回はこの方法をもう少し掘り下げて紹介していきます!

アイスコーヒーに適した抽出方法

(ホット)コーヒーを淹れる方法はいくつかありますが、アイスコーヒーにすることを前提に考えるとハンドドリップ以外はあまりおススメしません。
フレンチプレスなんかは、微粉や油分が混じるので、透明なグラスに注いだ時に濁ってしまい非常に見た目が悪くなります。
ハンドドリップでも金属フィルターのドリッパーも同様の理由でおススメできません。
サイフォンは単純に手間がかかりますし。

ペーパードリップ、もしくはネルドリップが良いと思います。

手順

そもそもペーパードリップやネルドリップが初めての方はこちらの記事から読んでもらえればと思います。

あわせて読みたい

今回はハリオのドリッパーを使い実演していきます。

準備

まず使用するコーヒー豆についてですが、深煎りのものを用意しましょう。

アイスコーヒー用深煎り豆

ちょっと余談ですが

人は冷たいものを口にすると舌が麻痺して本来の味覚を感じにくくなります
ホットコーヒーに比べ、アイスコーヒーは香りやコク、苦味といった要素は弱く(感じにくく)なります。
好みもあるので浅煎りや中煎りの豆でも問題はないのですが、冷やした時にもコーヒーの味わいをできる限り残せるよう深煎り豆を使うことが多いのです。
浅煎りや中煎りでアイスコーヒーを作るとサッパリとした軽やかな味わいになりますので、そういった味に仕上げたい場合は試してみるのも良いと思いますよ。

さて量の目安ですが、氷で急冷するのでいつもより濃い目に作ります。
なので普段ドリップしている量の1.5倍程度が良いと思います。
私の場合、150ccのコーヒーを抽出する時に15gの豆を使用するので、今回は22g使用したいと思います。

ドリップ

抽出の仕方は普段通りの手順でOKです。

蒸らし

既定の量のコーヒーが抽出できたら、氷をたっぷりと用意します
ここで氷をケチると氷が多く溶けてしまい、薄くなります。

また、「急冷」がうまくいかないとクロロゲン酸とタンニンが結合していまい、白く濁ったアイスコーヒーになってしまいます。

氷

コーヒーを氷の入った容器に移します。

急冷

マドラー等で素早くかき混ぜて冷やします。

すぐに飲むならグラスへ、後で飲むなら氷を取り除いて容器へ。

注ぎ

完成

ということで、完成しました。

完成

味もしっかりと出て、見た目もクリアに仕上がりました!

ちなみに

ガムシロップも自分で作れます。

グラニュー糖とお湯を1:1の割合で混ぜれば出来上がりです。

冷蔵保存で1ヵ月前後はもちますので、作り置きしておいても良いですね。
さぁこれで夏前の予習ができたので安心ですね!