【考察】ハリオとコーノ式の違いとは!?

たまにこんなお声を頂きます。
「ドリッパー変えただけで本当に味が変わるの?」、と。
それが結構変わるんです。

同じ円錐型、だけど〇〇が違う

今回は『ハリオv60ドリッパー』『コーノ式名門ドリッパー』共に1~2杯用のサイズで比較してみます。
パッと見た感じ背丈も同じで円錐型をしているのですが、大きな違いと言えば内部のにある溝=リブでしょう。

コーノ式とハリオv60

左側『コーノ式』のリブはドリッパー下部に放射状に伸びています
右側『ハリオ』のリブはドリッパー全体にスパイラル状に伸びています。

コーノ式とハリオv60

また穴の直径が『ハリオ』の方が若干大きいという違いもあります。
形状が変われば、抽出条件が変わるということなので、全く同じ所作で淹れたとしても仕上がりの味は変わってきます。

価格が違う

材質の同じ樹脂製で比べてみると販売店にもよりますが、ハリオの方がややお安くお買い求め頂けます。
また、専門店は別にして量販店でも比較的購入しやすいのもハリオでしょう。
コーノ式はなかなか見かけません。
(田舎に住んでいるから??)

ただし、コーヒー器具の選び方として「安さが正義!」というものでもないので、単純に「それぞれの価格相場に開きがありますよー」というご紹介です。

材質の種類が違う

ハリオは樹脂製の他に、『耐熱ガラス』『ステンレス』『銅』などの材質の製品があります。

一方コーノ式は現状、樹脂製一択です。

種類が豊富ということは、こだわりを追求するうえで良いことなのですが、個人的には選択肢が少ない方が購入するにあたって色々と悩まないので楽です(笑)

味が違う

リブの形状や穴の大きさが異なる両者で(できる限り)同じ条件で抽出すると、味がどの様に違ってくるのか。

結論から言いますと、『味の違い=特徴』は確実に感じれます。
ただ、この味の違いを文字でどう表現するのが適切か非常に悩みますが、それぞれ私なりの言葉で綴ってみます。

まず、コーノ式はハリオに比べると深みを出しやすく感じます。
これは単純な「濃度」というよりは「コーヒー豆そのものの味わい」という感覚です。
コーヒーの味を芯で捉えて、非常に奥行きのある味わいが楽しめます。
また、ある程度抽出が雑でも一定のクオリティに仕上がります。
これは間違いなく良いことではありますが、個人的には「味わいの遊びが少ない」と感じてしまう部分でもあります。

一方ハリオは表現の自由度が高いドリッパーという印象があります。
コーノ式の様な深みのある味わいはやや不向きですが、ドリップコントロール次第では様々な味わいを楽しむことができます。
その分、味の再現性が低くなるので、慣れないと毎回違う味わいになりやすいです。
ちなみに、多杯取りの時はコーノ式に比べるとハリオの方が安定する気がします。

補足として、キーコーヒーのクリスタルドリッパーの個人的なイメージは「ハリオとコーノ式の中間!」です。
ハリオよりかは再現性は高いものの、コーノ式ほど抽出判定が甘くないといったところです。

あわせて読みたい

 

もし余裕があれば、それぞれのドリッパーで実際に飲み比べてみてください。
ここには書いていない発見・気づき等があるかもしれませんよー。