【2019年オープン!】あびらD51ステーションでデゴイチ見てきました!

 

2019年4月19日にオープンしたばかりの最新(2019年7月現在)道の駅『あびらD51ステーション』に行ってきました!
震災の影響で目玉となる蒸気機関車「D51 320」はオープンには移設が間に合いませんでした。
しかしながら、オープンからおよそ2ヵ月後の6月14日には無事移設が終わり、今は展示していますのでご安心を^^

国道234号線にできた道の駅

安平道の駅

実はオープン前にも建設予定地をチラ見してきてます。

あわせて読みたい

 

この時はまだ完成していなかったので、グーグルマップにも登録されていませんでしたが、今は正確な住所も出てきます^^

うちの店舗からもほぼ直線で行けて、一番近い道の駅になりました。

この国道234号線とは苫小牧と岩見沢を結ぶ道路で、途中当店のある由仁町を経由します。

この時期になると苫小牧港から上陸するライダーの方の多くが走る道です。

私も苫小牧方面へ行く際は良く利用する道路なのですが、ちょうど由仁町から苫小牧までの区間が商業施設もほとんどなく、ひたすら走り抜けるしかなかったんですよねぇ。
苫小牧まで距離にしておよそ50km、1時間ちょっとの道のりではありますが、コンビニもほぼないので休憩するタイミングがないのが辛いところではありました。

それがですよ、ちょうど由仁町と苫小牧の中間地点に道の駅ができたということは、私的ビッグニュースこの上ないです!!

なんというか、痒い所に手が届く位置で絶妙なんです^^
多くのドライバー、ライダーの憩いの場になること間違いなしですね!

外観・内観

外観

駅舎をモチーフとした外観なんですかね。
親しみやすいデザインです。

こういう細かい演出が素敵ですよね^^

施設内

中央の施設にはフードコートをはじめ、売店があります。

直売所外観

同じ並びに直売所の建物があります。

直売所内観

地域の特産品が売られています。

見どころ

新規でオープンする道の駅はコンセプトが明確になっている場合がほとんどです。
こちら「あびらD51ステーション」では、施設名にもあるD51(デゴイチ)をはじめ、特急おおぞらキハ183の展示が主たる見どころでしょう。

D51

D51

D51形と呼ばれる蒸気機関車は1184両製造され、うち178両が保存機として残っています。
それぞれの保存機は所有、管理する団体が異なる為、当然保存状態も178両全て違います。

D51形ではありませんが、北海道に多く現存する9600形(キューロク)の蒸気機関車は、だいたいどれも屋外の公園にドーンと置かれていて、中にも入れるので子供たちの遊具みたいな扱いになっている場合が多いです。
メンテナンスもおそらくほとんどされていないので、素人目で見ても保存状態は良くないです。
ただ、昔の蒸気機関車をキチンと維持管理できる人なんてそうそういるはずないですし、すべての車体が遍く公平に保存することは難しいことですよね。
どちらが良いか悪いかは別として、資料として綺麗に保存される場合もあれば、子供たちが身近に触れられるSLとして後世に残る車体もあるということです。
ただし、後者の場合は最低限危険が及ばない状態は維持は必須でしょうが。

D51

話が逸れてしまいましたが、こちらの道の駅に展示されているD51は保存状態が素晴らしいことが特徴です。
それもそのはず、道の駅移設前は安平町鉄道資料館にてSL保存協力会により丁寧に保管されていたものなんです^^

展示品

当時使われていたものなどの関連資料も多く展示されていました。

展示場入口

館内フードコートの奥に駅舎に見立てたエントランスがありますので、そこからD51を見物することができますよ~!
(よくよく考えたら駅舎の中に駅舎・・・?)

キハ183 特急おおぞら

キハ183

こちらの車両はクラウドファンディングによって車両の購入&輸送費を募り展示に至った経緯があります。

私が立ち寄った時には車両を外から眺めることしかできなかったのですが、どうやらまだ車内の一般公開がされていなかったみたいです。
2019年7月20日(土)から一般公開が始まったみたいです!

ソフトクリーム

ソフトクリーム

竹炭を使ってSLの煙に見立てたソフトクリーム、その名も「もくもくD51ソフト」。
見た目は灰色ですが味は濃厚で大変おいしゅうございました^^

スタンプ&マグネット

スタンプ

スタンプ、一回目で十分に押せなくちょっと汚くなってしまいました^^;
「あびらD51ステーション」は新設の道の駅ですが、スタンプラリー2019のスタンプブックには掲載されていますよー

道プレマグネット

集めている道プレマグネットです。
デザインは各道の駅独自のものもあれば、エゾリスやヒグマなどの使いまわしのものもあります。
こちらはやはりD51と独自のデザインでしたね!
集めている身としては道の駅固有のデザインの方が嬉しかったので良かったです。

最後に

この記事を書くうえで色々調べていたのですが、驚愕の事実が判明しました。
私の中で最新道の駅が今回の『あびらD51ステーション』を除くと『なないろ・ななえ』だったのですが、なんと美瑛に『白金ビルケ』、浜頓別に『北オホーツクはまとんべつ』が新規オープンしているじゃないですか。。。

2017年から追いかけ続けているのですが、既存の道の駅ですら半分くらい周れていないのに、追いつかないです(笑)