コーヒーカップとティーカップの違いと見分け方

このカップ、欲しいけどコーヒー用?紅茶用?
なんて悩んだことありませんか?
今回はカップを簡単に見分ける方法を紹介していきます。

カップの種類

雑貨屋や食器専門店に行くと『珈琲・紅茶兼用』と書かれたカップを目にすることがあります。
いきなりの結論ですが、これこそがカップに対する現代の考え方なんだと思います。
つまりは“自由度がある”という事。

確かに『兼用』と書かれているカップは一見、コーヒーと紅茶どちらにも使用できそうな形をしています。
紅茶を良く飲む人が、デザインが気に入ったのに”コーヒー用のカップ”と用途を指定されていたら、買うのも使うのも躊躇いそうですよね。
自宅で自分や家族だけで使うなら紅茶用のカップでコーヒーを飲んでもいいけれど、来客の時にはコーヒーはコーヒー用のカップでなければ恥ずかしいと思う方もいるかもしれません。

そんな時に『兼用カップ』という存在は非常に心強いです。

しかしながら、中には紅茶やコーヒーを楽しむのに適した形というのも意識して作られたカップもあるので、それぞれ確認していきましょう!

コーヒーカップ

コーヒーカップ

ティーカップに比べ

・カップに厚みがある
コーヒーは抽出時間がかかり温度が低めでできあがるので、冷めにくくする為。

・飲み口が狭く円筒に近い形状で高さがある
コーヒーの香りが飛んでしまわないようにする為。

といった特徴があります。

また、コーヒーカップは以下の様なカテゴリーもあります。

デミタスカップ

デミタスカップ
向かって右側)

通常のカップの半分ほどの大きさです。
エスプレッソを飲むときに使います。

マグカップ

マグカップ

通常のコーヒーカップに比べると大きいので、ミルクやスープ等、多目的に使われます。
ソーサー(受け皿)がついていないことが多いです。

ティーカップ

ティーカップ

コーヒーカップに比べ

・飲み口が広く背が低い
コーヒーとは真逆で、熱々のお湯でできた紅茶を飲める温度まで冷ます為。
・内側にデザインが施されている事が多い
澄んだ紅茶の中に映る絵柄を楽しむ為。

といった特徴があります。

兼用カップ

兼用カップ

上述したコーヒーカップとティーカップの中間的な形のものが多いです。
実際、どちらで使っても違和感ないです。

まとめ

たまに、コーヒーカップとして使っていたけど調べてみたらティーカップだったパターンもあります。

昔は『紅茶は色合いを楽しむもの』『コーヒーは香りを楽しむもの』といった区別があったので、その特性に合うカップが選ばれてきましたが、近年では紅茶もコーヒーも技術や品質が上がりどちらも色合いや香りを大事にし、楽しみます
そういった背景の中、兼用カップの普及、あるいはカップの区別をしない傾向が強まっているようにも感じます。
やはり、使い易さや気に入ったデザインのものを、形式や各式にとらわれず愛用していきたいですよね。

※ボーンチャイナのカップについても紹介してます↓

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください