カフェオレ、カフェラテ、カプチーノの違い、知ってますか?

カフェの定番メニューのカフェ〇〇。
名前も似ているせいか、その区別がいまいちついていない方も多いのでは?
それぞれ、わかりやすくご説明します!

基本は”コーヒー+牛乳”

国によってコーヒーのアレンジの仕方は変わってきます。

しかし、違いといっても

・扱うコーヒーがドリップコーヒーなのかエスプレッソなのか。
・牛乳の温め方がスチームで温めたのか泡立っているのか。

この2点だけ注目すればOKです。

それぞれ特徴を確認してみましょう。

カフェオレ

カフェオレ

フランス発祥のカフェオレ。
カフェ・オ・レとはフランス語で「牛乳を入れたコーヒー」という意味です。
ドリップコーヒーと鍋で温めた牛乳を1:1の割合で作ります。
冷たいコーヒーと牛乳を1:1でアイスのカフェオレにもなります。

あわせて読みたい

カフェラテ

カフェラテ

イタリア発祥のカフェラテ。
こちらもイタリア語で「コーヒー牛乳」という意味です。
カフェオレとの違いは扱うコーヒーがエスプレッソという点と、スチームで温めた牛乳(スチームドミルク)を加えるという点です。

カプチーノ

カプチーノ

こちらもエスプレッソを扱うイタリア発祥のアレンジコーヒー。
カフェラテとの違いはスチームドミルクと泡立てた牛乳(フォームドミルク)を合わせる点です。

カフェマキアート

カフェマキアート

「染み」という意味のイタリア語をマキアートと言います。
1ショットのエスプレッソにフォームドミルクを少量加えたものです。

カフェモカ

アメリカ発祥のアレンジコーヒー。
元々はカフェラテをベースに考案されているので、本式ではエスプレッソを使います。
端的に言えば、カフェラテにチョコレートシロップを加えたものを指します。
チョコレートシロップと牛乳の代わりにココアを使うこともあります。
お店によっては“モカジャバ”という名前で出している場合もあります。

カフェモカとモカコーヒーの”モカ”について

銘柄としてイエメン・エチオピア産のモカコーヒーがあります。
イエメンにあるモカ港から輸出しているコーヒーを昔から銘柄としての”モカ”と呼びます。
カフェモカの”モカ”には色々な諸説がありますが、チョコレート・ココア風味のものを”モカ”と呼ぶようになったからとか。
“モカ”という単語には2つの意味合いが隠されているんですね。

まとめ

今回はわかりにくいアレンジコーヒーを例にとりましたが、他にも世界各国で独自のアレンジコーヒーを生み出してます。
世界中でコーヒーが愛されているということですね。
似て非なるものカフェオレとカフェラテ。
違いがわかればコーヒーライフがもっと素敵になることでしょう。