酸味のあるコーヒーと酸っぱいコーヒーは別物なんです(切実)

コーヒー屋あるあるだと思いますが、もうね、すんごい確率で「酸味の無いコーヒーはどれですか?」「酸味のあるコーヒーは苦手です」って言われるんですよね。
「コーヒーの酸味」って大きく分けて二通りの解釈ができるので、ちょっと厄介な存在なんです。
今回はそんな「コーヒーの酸味」についてのお話です。

コーヒーの味の表現が多すぎる問題

コーヒーの粉

そもそも、苦いイメージのコーヒーにおいて酸味だのフルーティーだの、一見相反するような味覚が共存するのかって話ですよ。

しかも近年では「ナッツの様な」「レモンの様な」「キャラメルの様な」等々、多様な表現に付いていけない消費者の方も多いと思います。

しかしですね、それらは確かにコーヒーの味わいに紛れ込んでいるんですよ。

「それってコーヒー屋とかコーヒー通の人にしかわからない味なんでしょ?」って思われるかもしれませんが、そんなことはないですよ。

コーヒー飲み慣れていない方でもそういった産地や農園、焙煎度合いの違いからくるフレーバーの違いは楽しんでもらえると思います。

あわせて読みたい

けど、それを実感してもらうには、ある程度の条件が揃っていなければなりません。

正直、コーヒーの味わいを左右する項目は挙げればキリがないのですが、この議題の中でキーとなる部分だけを取り上げるとするならば、ズバリ「鮮度」でしょう。

まだ、本題に入っていませんが話が長くなりそうなので、これから書く事を一文で表すと「コーヒーなんて鮮度が落ちればどれも酸っぱく感じる」ってことです。

あわせて読みたい

「コーヒーの酸味」は2つ存在する!

ドリップイメージ

味覚の中でも酸味ってよくわからない立ち位置ですよねぇ。

食べ物の中で酸味を感じるものの代表といえばレモンとか梅干しとかあります。

好みの違いはあるにしてもこれらの食材に対してネガティブな酸っぱさってあまり感じないと思います。

では、(あまり経験ないかもしれませんが…)賞味期限が切れていたり、腐りかけた食材のにおいを嗅いだことはありませんか?

あれも酸っぱいにおいがすると思いますし、間違って口にしてしまうともちろん酸っぱい味がします(体験談)。

この場合の酸っぱさはネガティブなイメージになります。

ちなみに腐ったっていうのは「腐敗」であり、「発酵」ではないですよー。

発酵食品も酸味を感じますが、腐敗のそれとは異なります。

我々人間にとって「あ、これは危険な酸っぱさや!」と思うものと「これは体に取り入れても大丈夫な酸っぱさや!」の違いですかね。

良い例えだったかはわかりませんが、なんとなく「酸味」には「良い酸味」もあれば「悪い酸味」もあるって伝わってくれたでしょうか。

フレーバーとしてのフルーティーな酸味

コーヒーでいう「良い酸味」とは、コーヒー豆本来が持つ植物としての酸味です。

コーヒー豆の正体はコーヒーチェリーと呼ばれる果実の種子の部分です。

それならばリンゴやオレンジの様に、フルーティーな酸味を秘めているのも頷けますよね。

フルーツがもともと嫌いな方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方はフルーツの果実的な酸味は好きなんじゃないかなぁと思います。

産地や銘柄ごとに秘めている味わいが異なるので、そういった違いを知るのもコーヒーの楽しみ方の一つかと思います。

我々コーヒー屋がコーヒー豆の説明で書く「酸味」は、こういった豆本来の「酸味」の事なんですね。

これは決して飲んで顔をしかめる様な「酸味」ではないのです。

古く酸化した酸っぱい酸味

「酸化した酸っぱい酸味」って言葉の中に「酸」って漢字が三回も出てきてるし、日本語として本当にあってるのか悩みどころですが、まさに『読んで字の如く』ってやつです。

その「酸味」は「酸化」によってもたらされた「酸っぱさ」ってことですね。

もう見るからに「悪い酸味」。

コーヒー豆は焙煎後、空気中の酸素と触れる事によって酸化していきます。

酸化が進むにつれ、コーヒーの味わいは落ち最終的には酸っぱいコーヒーになります。

これに例外はなく、どんなにハイグレードな豆を使おうが、どんなに腕のある焙煎士が手掛けようが、焙煎後は皆等しく酸化していきます。

そして酸化が進んだコーヒーは初心者が淹れようが腕利きのマスターが淹れようが、これまた等しく酸っぱいコーヒーにしかならんのですよ。

個人的な目安としては、コーヒーの芳醇な香りと味わいをこだわるのであれば焙煎後2週間以内、普段飲みで美味しく飲むのであれば焙煎後1ヵ月以内、と思っています。

それ以降は酸化した酸っぱさが目立ちすぎて美味しくないと感じる人がほとんどだと思います。

んで、冒頭にもあった「酸味のあるコーヒーが苦手」という方の大半はこの酸化したコーヒーの事を指しているんじゃないかと。。。

酸化したコーヒーが堂々と出回る

焙煎イメージ

焙煎後1ヵ月程で鮮度が切れるのであれば、スーパーで売っているようなコーヒー豆(粉)や、専門店でもギフト用っていってずっと店頭に置いてあるドリップバッグってどうなの?って思われるでしょうが、まぁそのほとんどは飲み頃を終えた酸っぱいコーヒーですよ。

私も仕事柄、チェーン店から個人店まで色々なお店でコーヒーは飲んできましたが、7割くらいは酸化したコーヒーが出てきましたよ。

もちろん、酸化は常に進行しているので程度問題はあるのですが、かなり甘めに見てもそのくらいの印象です。

それだけ酸化したコーヒーが堂々と出回っているので、「酸っぱいコーヒー」というものがコーヒーのカテゴリにあると思ってしまうのも仕方ありません。

残念なことではありますが、専門店だからといって必ずしも鮮度の良いものだけを取り扱っているわけではないのが現状です。

雰囲気に惑わされずに、信頼のおけるお店を見つける事が何よりだと思いますよ。

ちなみに当店のコーヒー豆は小さいサンプルロースターを使いながら必要な分だけしか焙煎してませんので、そのよう「酸っぱいコーヒー」にはあたりませんのでご安心くださいね。

レトロボーイコーヒーオンラインショップでコーヒー豆を購入する

まとめ

コーヒーにはフレーバとしての「酸味」と古くなった「酸っぱい味」、それぞれが同じ「酸味のあるコーヒー」という一つの表現になってしまっています。

そしてコーヒーの鮮度の問題から、「酸っぱいコーヒー」が市場には多く流通している現状があります。

それを回避するには信頼のおけるお店で購入する事が大切です。
(それかご自身で焙煎するというのも一つの選択肢ではあります。)

自宅で手軽に焙煎する方法

 

 

そして、もし機会がありそういった鮮度の良いコーヒーを提供するお店が見つかれば、改めて酸味の強い傾向のコーヒーに挑戦してみて欲しいと思います。

酸味のあるコーヒーに対する考え方がガラッと変わるかもしれませんよ。