【DIY】ベニヤ板を使って洋館風腰壁を作ってみたよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゲストハウスの内装をセルフリノベしました。
全面漆喰仕上げにしようかと思ったのですが、ちょっとだけ飾り気を出すため腰壁を自作しました。

 

 

スポンサーリンク

『簡単!安い!オシャレ!』を目指して

ゲストハウスとして使っている建物は、中古物件をセルフリノベーションしているのですが、開業時に時間と予算に余裕がなく、またDIY経験も少なかったので、今思えば結構ガサツな仕上がりが多いのです。。。

ということで、冬の閑散期に気になるところをちょくちょく手入れしています。

過去記事でも触れましたが、入口付近の壁に昔の防災装置を取り外した際にできた穴があるので、こちらを改修していました。

あわせて読みたい

 

 

穴を塞ぎ、漆喰仕上げの壁にするというイメージでいたのですが、全面漆喰も面白くないなと思い、腰壁を作成してみました!

主な材料・道具

  • ベニヤ板(2.3mm)
  • モールディング×2種類
  • 木工用ボンド
  • 水性ペンキ
  • マスキングテープ
  • 紙やすり
  • のこぎり
  • マイスターボックス
  • ボンドヘラ
  • メジャー

材料・道具のアレコレ

丸ノコもあるのですが、薄いベニヤを綺麗にカットするのが面倒だったため、あらかじめ寸法を測ってホームセンターでカットしてもらいました。

カットする回数を減らすため、3×6サイズ(91cm×182cm)の寸法に合わせて腰壁の高さを91cmに設定しました。

モールディングとは、建物の内装に使用する部材で、木製樹脂製のものがあります。

価格的には木製でも樹脂製でもそこまで変わらないのですが、どちらかというとデザインによって値段が変わってきます

細かい装飾の施してあるものは高く、シンプルなものは安価な印象です。

今回、腰壁のデザインとして枠組みする様と、漆喰と腰壁部分の見切り様とで2種類用意しました。

塗装を水性ペンキで行うつもりだったので木製、予算の都合で安価なシンプルデザインのモールディングにしました。

ちなみに大きいホームセンターでも種類がそこまでなかったので、ネットショップの方が安価でオシャレなものが揃えられると思いますよ。

養生用とボンドが乾燥するまでの仮止め用としてマスキングテープは結構使いました。

施工する面積にもよりますが、余裕をもって用意すると良いと思います。

マイスターボックスってご存知でしょうか?

90°や45°などの溝が入っているツールで、幅に収まるサイズの木材であれば、簡単に斜め切りができちゃうんです!

今回はモールディングを四角く枠組みする時に45°角で切りたかったので大変便利でした。

たぶん、ここ最近買った工具で一番活躍してます(笑)

作り方

もともとはこんな感じでクロスの上に腰壁代わりにOSB合板をビス打ちしてました。

真ん中の穴が防災装置を取り外した名残りです。

OSB腰壁

 

クロスの汚れや破損を隠すための対策としてOSBを張っていたのですが、これを機に漆喰に合いそうな腰壁に切り替えます。

OSBを外すと、あまりお見せしたくないのですが、このようにクロスがはがれ下地もボロボロになっています。

下地
(oh…)

 

下地の石膏ボードのかけているところは軽くパテ埋めしておきました。

次にカット済みのベニヤに木工ボンドを均一に塗っていきます。

ボンド用のヘラがあると便利ですよ!

ボンド塗り

 

で、ボンドを塗ったベニヤを壁に貼り付けます。

この時ボンドが完全に硬化するまでマスキングテープで仮押さえしときます。

ベニヤ仮止め

 

ボンドが乾くまでの間にモールディングをカットしていきます。

30cmと60cmでカットして、両端を45°に切り落とします。

先程紹介したマイスターボックスを使えば楽ちんですよ。

モールディング45°カット

 

これで1枠分ですので、必要な分だけカットしておきましょう。

モールディングカット済み

 

※ここから没頭してしまい、作業画像がないのでテキストのみの説明になります、すみません。。。

 

カットしたモールディングをベニヤにボンドで張り付け、マスキングテープで仮止めします。

ついでに、もう一種類の見切り用で買ったモールディングもサイズに合わせてカットして、張り付けたベニヤと壁の境目にボンドで張り付け、同じようにマスキングテープで仮止めします。

全てのボンドが完全に乾燥・硬化したら仮止めのマスキングテープを外します。

その後、養生をしてペンキで塗装をし完成になります!

施工前
ビフォー

施工後
アフター

 

ちなみに見切り部分はこんな感じです。

見切り部分アップ

 

なかなかいい感じにできました!

最後に

作業自体は結構簡単でした。

ただ、施工面が多かったので、途中で飽きてたのはここだけの話。

廊下全体を漆喰&腰壁で昔の洋館風に仕上がりました。

腰壁全体

塗装の色や使うモールディングのデザインや配置によって、いろいろとアレンジが効くので好みの腰壁にできますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA