【DIY】練り漆喰が高いから粉漆喰に切り替えた結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

壁のリフォームで個人的に一番好きな方法は漆喰仕上げです。
今まで面倒臭がってあらかじめ練ってあるタイプの漆喰を使っていたのですが、費用的な面から自分で練る粉漆喰に挑戦してみました!

 

 

スポンサーリンク

壁のリノベには漆喰がおススメ!

ゲストハウスの入口には、開業時に取り外してもらった昔の防災装置の後がボッコリとできてしまっています。

今まで、おっきなポスターを張って誤魔化してはいたのですが、まぁイケてないですよね。。。

リノベ前の壁

今回はこちらの穴を埋め、壁全体を綺麗にしていきたいと思います!

ところで、穴を塞いだ後の壁の仕上げはどうするのか。

クロスの張り替えって今までやったこともないですし、下地がキレイな状態であればいいのでしょうが、うちみたいに築年数も経っている建物ですと、経時変化により下地の状態が悪く、素人では綺麗に張り替えることができないと思うんですよ。

なので、私が今までセルフリノベしてきた壁は全て漆喰仕上げにしてきました。

ということで今回ももちろん、漆喰仕上げにしていきます!

ちなみに、漆喰仕上げも当然プロと素人に開きはありますが、ムラができたり失敗しても何回でも塗りなおせるところから、DIY初心者でも安心して扱えるんじゃないかなぁと思っていて、個人的には超おススメです。

『大和しっくい』のコスパが高すぎる

漆喰は、練り済みで開封後すぐに使える練り漆喰タイプと、粉の状態から自分で練り上げてから使う粉漆喰タイプがあります。

調べてみるとわかることですが、練り漆喰タイプの方が割高です。

例えば練り漆喰のメジャーどころでいうと『うま~くヌレール』でしょうか。

こちらですと18kgで1万ちょい、16㎡塗れるそうです。

だいたい6畳間の壁が30㎡と言われていますので、1部屋で2万5千円ほどでしょうか。

カラーバリエーションも豊富ですし、私自身、初めて漆喰塗りをしたときは上手く練れるか不安だったので練り漆喰を使ってました。

使いやすいですし非常に良かったのですが、ただやはり、広範囲塗るとなると費用が嵩むんですよね。。

ということで、安価な粉漆喰に挑戦してみようと思ったわけです。

粉漆喰も各メーカーで売られていますが、私が今回購入したのはこちらの『大和しっくい20kg』です。

20kgでだいたい3000円ほど。

練り済みタイプに比べると費用が1/4以下に抑えられます。

自分で練らなくてはいけないし、色合いも白以外にするのであれば顔料を加える等の手間は掛かりますが、最終的に自分の満足のいく仕上がりを安く実現できるのであればこれほど素晴らしいことはありませんよね。

では、実際に漆喰を練る作業というのは大変なのかというところですが、セルフリノベーションで使う量くらいでしたら、そこまで苦にはなりませんよ。

練り方

まぁすんごいザックリなんですがこんな流れになります。

  1. 最低限、バケツなどの器は用意しましょう。
  2. そこに必要な分量の漆喰と水を入れて混ぜ合わせるだけです。
  3. 経験上、漆喰と水の比率も結構アバウトで大丈夫です。
  4. 後は、自分で扱いやすい固さの漆喰にしていきましょう。

練り方にもいくつか方法があります。

例えばスコップでひたすらかき混ぜる人もいれば、ゴム手袋をして手で直接練る人もいます。

私も最初はスコップやヘラで地道にかき混ぜてました。

ただこのやり方、重労働の割には玉も残ってしまうし、あまり効率が良くないんですよね。

かと言ってパワーミキサーを新たに購入する余裕もないですし。

ということで、インパクトの先端をペイントミキサーにして撹拌してみることにしました。

ペイントミキサー

こんな感じで使用するインパクトのトルクにもよりますが、結構力強くかき混ぜてくれます!

ペイントミキサーで撹拌

以前、このようなタイプの上下にプレートの付いているペイントミキサーを使用したのですが、負荷が掛かりすぎて5分くらいで見事に壊れました

ペイントミキサーダブルプレート
上下のプレートの溶接部分が

ペイントミキサーダブルプレート
 軸から外れてしまいました。

本来、漆喰の様な粘度の高いものをかき混ぜるものではないのですが、もし購入するならこちらのタイプの方が頑丈かと思います。

仕上がりも大満足!

ぼっこり穴があいていた壁でしたが、綺麗な漆喰壁に仕上がりました!

漆喰仕上げ

 

よ~くみると、穴の部分の境目がわかるのですが、重ね塗りをしていけばほとんど目立たなくなるでしょう。
(これはまだ一度塗り。)

漆喰仕上げ

ちなみに腰壁部分もOSB合板からちゃっかり洋館風腰壁に直しました。

こちらについても後日まとめてみたいと思います。
※追記※
腰壁の作り方についてはこちらからどうぞ!

あわせて読みたい

 

ということで、今回は『粉タイプの漆喰はコスパ良いですよ~』の回でした!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA