【考察】コーヒーかすの再利用で現実的な方法は僅かだと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

レギュラーコーヒーを愛飲していると必ず出る「コーヒーかす」。
「消臭効果を期待して再利用!」と良く言われていますが、実際のところは…。

 

 

 

スポンサーリンク

コーヒーかすの水分を飛ばすのは大変!

コーヒーかす

これはある日の店舗で出たコーヒーかすですが、毎日毎日これだけの量を捨てるとなると、なんだか勿体ない気にもなります

良く言われているコーヒーかすの再利用方法ですが、主に

  1. 灰皿の火消しとして使う
  2. 乾燥させ消臭・脱臭剤として使う
  3. 肥料として使う
  4. 手作り石鹸に混ぜて使う

等が挙げられます。

確かにそれぞれ再利用方法としては正しいとは思うのですが、実際にやってみるとあることに気付きます。

それは『水分を完全に飛ばす手間がかかる』ということです。

乾燥方法

水分を完全に飛ばさないと、白カビがあっという間に発生してしまいます。

「消臭・脱臭剤として使う」場合、乾燥させたコーヒーかすを布等に詰めて使用すると思いますが、少しでも水分が残っていようものなら、消臭・脱臭どころではなく白カビの温床となります。

これが結構シビアで、私自身何度も乾燥させたつもりで失敗しています。

水分を飛ばすということは必ずエネルギーが必要となります。

真夏のカンカン照りの日であれば、日中に薄ーく敷いておけば良いのですが、そうでなければ

  • フライパンで火にかける
  • 電子レンジでチンする

といった方法で強制的に行うしかありません。

コンロであればガス代が、電子レンジであれば電気代がかかります。

1~2人前のコーヒーかすをフライパンにかけたとしても、完全に水分を飛ばすのであれば経験上10分以上はかかります。

電子レンジの場合でも一番高いワット数でも数分程度では全然水分は飛びません。

毎日コーヒーを1杯飲むとして、毎日コーヒーかすをコンロや電子レンジで乾燥させるのであれば月々の光熱費に大きく関わってきます

正直、そこまでの手間とコストをかけてまでコーヒーかすを再利用しようとするのはナンセンスに思えます。

毎日コーヒーかすが出るにしても、乾燥させるのは天日干しができる日だけにしたり、たまにコンロや電子レンジを使う程度が望ましいと思います。

あとは、1日で取り換えるのであれば完全乾燥していなくても良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

現実的な再利用方法

石鹸に混ぜ込む以外は大体試してみましたが、上述した様にどうも乾燥させる手間とコストを考えると、「う~ん」って感じです。

ただし、全部が全部ダメだったというわけではありません

ということで、実際に試してみて良かった(おススメできる)再利用方法をご紹介していきます。

電子レンジの消臭・脱臭

電子レンジでお弁当や総菜を温めたりすると、臭いが取れなくなりませんか?

私の喫茶店はゲストハウスも併設していて、宿泊のお客様が持参してきたものを温められるように電子レンジを置いているのですが、これがすぐ臭くなるんですよ。

しかも市販の電子レンジ専用脱臭剤って結構高いんですよね。。

そんな時はコーヒーかすをチンすればOKです!

電子レンジの消臭・脱臭

こんな感じで器に入れて30秒~1分程度チンするだけです。

これが驚くほどに臭いが取れるんですよ!

しかも湿ったままのコーヒーかすで良いので手軽です。

乾燥させるついでに電子レンジの消臭・脱臭ができるので超おススメです。

灰皿の火消しで使う

メジャーな方法ではありますが、これもおススメです。

吸殻って火がちゃんと消えていないことってよくあるんですよね。

しかも気付かなければ火災の原因にもなりますし。

灰皿に1cm程度の厚みで敷いてあげれば、火も消えるし、ついでにタバコの煙臭さが若干軽減されます

うちもゲストハウスの喫煙所はコーヒーかすを使っています。

毎日取り換える(捨てる)のであれば完全に水分を飛ばす必要もないですし、楽です。

ただし、タバコと無縁の方には意味のない再利用方法です(^-^;

まとめ

要するに「コーヒーかすを完全に乾かして使う方法は割に合わない!」ということを言いたいのです。

消臭・脱臭効果は確かにありますが、どこまで手間暇かけれるかが御座なりになっている情報が多い様に思えます。

コーヒーかすの再利用はできる限り短期間で取り換えのできる方法をとるのが一番現実的かなと。

すぐに捨てるのであれば、電子レンジの臭い取りくらいはやってみるのも損はないかと思いますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA