【100均】ダイソーのミルクフォーマーが優秀過ぎる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エスプレッソマシンが無くてもご自宅でカプチーノ風のコーヒーを作れます!
なんと100均商品が大活躍します。

 

 

スポンサーリンク

コスパが良い

ミルクを泡立てる方法はいくつかありますが、カフェや専門店ではエスプレッソマシンに付いているスチーマーを使う事が多いです。

ただし、スチーミングにはコツがあり上質なフォームミルク(泡立ったミルク)を作るには少々難易度が高いです、

そして何よりエスプレッソマシン自体が高額です。
※家庭用のエントリーモデルでも1万円くらいします。

あわせて読みたい

 

エスプレッソも淹れて本格的に楽しむ方には良いのですが、ご自宅でちょこっとカフェ気分を味わいたい方には少々出費が大きい額かと思います。

そんな方にはミルクフォーマーという泡だて器がおススメです。

ミルクフォーマーも、各メーカーで販売もされてますが、100円ショップでも手に入るんです!

100均の商品だと少々性能に不安を感じるかもしれませんが、全然そんなことありませんよ。

今回はダイソーで買ったこちらを使ってミルクを泡立ててみたいと思います。
100均ミルクフォーマー

私が2、3年前に買った時には150円商品として売られていました。

最近はこの下の台座が無く、本体だけなら108円で買えるみたいです(^-^;

ただ、個人的には泡立てた後、置き場に困るので50円高くても台座付きを買った方が便利かなぁと思います。
(電池式なのでシンクに直接入れるのにちょっと躊躇するので。)

さらに、ダイソー以外でもセリアやキャンドゥといった主要な100円ショップであれば、同じような商品を取り扱っていますので手に入りやすいです。

ちなみに、パワーはないので生クリームの泡立てとかには向かないです。

上手な泡立て方

牛乳を泡立てる際は沸騰させない事に注意しましょう。

牛乳に含まれるタンパク質は70℃前後で変性します。

沸騰(変性)した牛乳は泡立たなくなりますので、60℃を目安に撹拌していきましょう。

では実際に泡立てていきます。

できれば乳脂肪分の高い成分無調整牛乳を使う事をお勧めします。

成分調整牛乳ですと泡立ちが弱く、キメの細かいフォームミルクになりにくいです。

今回は鍋で温めていきます。
100均ミルクフォーマー実践

10秒程経ったらミルクフォーマーを入れ撹拌します。

この時、鍋を斜めに傾けてあげると全体が混ざり易くなりますよ。
100均ミルクフォーマー撹拌

沸騰する前に火はとめておきます。

ポイントとしては、なるべく鍋の底で撹拌してあげることです。

牛乳の表面に近いところで撹拌すると空気を取り込み過ぎて泡が大粒になってしまいます。

キメの細かい泡を作ることによって飲んだ時の口当たりが良くなりますよ!

概ね1分程したら完成です。

ちなみに電子レンジで加熱してから撹拌してもいいので、簡単だと思う方で実践してみてください。

100均で大満足!

どうでしょう、綺麗なフォームミルクができました!
100均ミルクフォーマー完成

今回はホットミルクとして作ってみましたが、エスプレッソや濃い目に作ったコーヒーと合わせると自宅でも簡単にカプチーノやラテ風のアレンジコーヒーができます。

是非お試しください~

※カプチーノやラテについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

あわせて読みたい

 

※100均商品を使った関連記事はこちらからどうぞ。↓

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA