コーヒーインストラクター2級についてできる限りまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コーヒー関連の資格はいくつかありますが、今回JCQA(全日本コーヒー商工組合連合)が行っている『コーヒーインストラクター』の2級を受講してきました。
主に講習会や試験の様子、対策等についてまとめています。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーインストラクターとは

JCQA(全日本コーヒー商工組合連合)主催のコーヒーに対する知識、理解力を計る検定です。
(と、個人的に解釈してます。)

コーヒーインストラクター検定には2級1級、さらに上位検定としてコーヒー鑑定士検定が控えていて、「商品設計マスター」「生豆鑑定マスター」「品質管理マスター」と3つの分野で資格取得ができ、3つとも合格すると晴れて「コーヒー鑑定士」として認定されます。

難易度の順番として

コーヒーインストラクター2級

コーヒーインストラクター1級

商品設計マスター,生豆鑑定マスター,品質管理マスター
(3つ取得でコーヒー鑑定士)

と位置付けられています。

2級取得の重要性

上位検定受講・受験する為に必要

コーヒーインストラクター検定、及び鑑定士検定は飛び級での受講・受験ができません

どういうことかと言うと、どれだけコーヒーに関する知識量に自信があっても2級を取得していない限り1級の受講・受験できません。
もちろん鑑定士検定は1級を取得していないと受講・受験ができません。

と、いう具合に上位資格を目指すのであれば2級から順に受け且つ合格していかなければいけないのです。

コーヒー関係の仕事で有利になる

私の場合は自営なので、持っているだけでは給料に直接の影響はありませんが、喫茶店やカフェ、コーヒーの卸業者等、コーヒーを生業としている仕事ではコーヒーインストラクターや鑑定士の認定者に対して資格手当を出すところもあります。

また正規・非正規問わず、これらの業種では2級所持が必須となる場合も多く、今後もその流れは強くなっていくのではないでしょうか。

2級は「コーヒー全般の基礎知識を持っていると」評価されます。

コーヒーに関わる仕事で、2級でも良いので持っていると色々と便利でしょう。

ちなみに、コーヒーの検定・資格は他にもありますが、個人的には仕事として役立てたいのであればコーヒーインストラクター検定かコーヒーマイスター検定が無難かと思います。

通信講座で取得できる資格もありますが、あまり評価されない場合が多いです。

難易度自体はそれほど高くはありませんので、資格取得に同程度の時間とお金を費やすのであればコーヒーインストラクター2級をお勧めします。

受講・受験するにあたっての注意点

開催日

2級に関していえば春と秋、年2回チャンスがあります

1回までは不合格でも翌開催日での再試験が可能です。

ただし、私の受けた北海道の様な地方では年1回しか開催されません

もし再試験を受けるような事になってしまったら、翌年に持ち越しになってしまいます。

1年後の日程で試験を受けれるかわからなかったり、都合上はやく資格を取得したい場合は半年後の別会場で受験することも可能なのですが、道外に出なければならないので交通費が馬鹿になりません。

北海道地区以外でも年1回開催の地域がありますが、そういった場合は「確実に」2級取得を目指しましょう。

とはいうものの、1級から上位はどの地区でも年1回の開催なので、2級に限った話でもないんでしょうけど。

今後、当検定の受講者が増えていけば、北海道地区も年2回の開催や札幌会場以外での会場もあり得るかもしれませんが、2017年度現在では地方受講者にとってはやや不便な状況です。

講習会と試験で2日間拘束される

仕方ないことなのですが、当検定では試験日とは別に講習会を受講しなければなりません。

概ね、講習会の1ヵ月後が試験日となります。

講習会、試験ともに私が受けた時には土曜日でした。

この資格を取得したい方には飲食・サービス関係の職種の方も多いとは思うので、土曜日開催となると腰が重くなりそうですね(^-^;
※会場によっては講習会の日にちが複数ある場合があります。

検定料が高額

金銭感覚は人それぞれなので一概には言えませんが、個人的には高めだと思っています。

2級に関して言えば最低でも「講習会受講料」「検定受験料」「合格時の認定登録料」「テキスト代(送料別)」の3,6000円かかります。

会場が遠方の場合は2日分の往復交通費が加わります。

テキストは改定されなければ、上位検定時でも使いますので捨てずに保管しておきましょう。

2級取得までの流れ

講習会

2級は筆記(90点)と実技(10点)の合計が70点以上で合格となります。

筆記に関して言えばテキストの内容をすべて「理解」していれば問題ありません。

気を付けて頂きたいのが、「暗記」ではなく「理解」というところです。

実際の試験では素直な問題もありますが、捻った(引っ掛け)問題も多々ありました。

この捻った問題に引っ掛かってしまうと、合格点を逃してしまう恐れがあります。

設問を読み「ここは引っ掛けてきてるな」と判断できる「理解力」をつけることが重要かと思います。

講習会では講師の方達がテキストに沿って具体例やスライドの画像を交えながら細かく説明してくれますので、「文字の暗記」ではなく「理解の伴った知識」が蓄えられます。

2級出題範囲において自信がある方は「確認」として、そうでない方は「理解力を付ける」つもりで講習会を受けると合格への近道となるでしょう。

また、実技ではカップテストが出題されます

2つの異なる検体(コーヒー)を飲み比べるのですが、検体の持ち帰りができないので講習会でしか予習できません

なので、しっかりと講習会でそれぞれの風味を記憶しておきましょう

試験

試験はマークシート方式で行われます。

どういった問題があったかは記載しませんが、テキストからまんべんなく出題されている印象でした

実技のカップテストは講習会で飲み比べた5パターンのうち1つが出題されます。

問題用紙、解答用紙共に回収されてしまうし、配点比率もわからないので正確な自己採点ができません。

勉強方法

実技

上述した様に、2種類の検体を飲み比べて該当する方を選ぶ試験です。

カップテストの勉強といっても、練習用に検体を自前で用意するということも難しいかと思います。
(5パターンあるので10個の検体が必要ですし…。)

実技に関して言えば講習会で徹底的に味を叩き込むしかないのですが、1ヵ月後の試験まで味を覚えていられるもんでもありません。

そうなるとできる対策としては、講習会でカップテストをした際に「それぞれの検体の風味の特徴をできる限り自分の言葉でメモすること」ぐらいでしょうか。

あとは試験本番でリラックスした状態で臨みましょう

正直、講習会の時は「実技は大丈夫そうだな」と高を括っていた私ですが、いざ試験となると緊張のせいか最初の一口目では検体の差が全然わかんなくて、結局最後の最後まで悩んでしまいました。

結果、正解はしていたのですが合否通知が来るまではヒヤヒヤしてました(笑)

筆記

まずは、講習会までに1回はテキストをしっかりと読んでおくことをお勧めします

この時点では暗記する必要はありませんが、理解し辛い部分や疑問に思ったところに目印を入れておくと良いと思います。

その段階で講習会に臨むと「理解力」が格段につきます。

また、講習会の最後に質疑応答の時間も設けられていますので、どうしても理解できなかった部分があればそこで聞くようにしましょう。

「理解力」がついたうえで概ね試験日の1週間程前からテキストの暗記作業に取り掛かれば、合格ラインにはいけるのではないでしょうか。

2級は出題範囲が広くはありませんし、「コーヒーの基礎知識」といった位置づけの内容なので、テキスト丸暗記&理解してしまった方が後の為にも良いと思います。

最後に

ここまで読んで頂いて

「試験で実際に出た設問とか教えてくれないのかよッ!」

と思う方もいるかもしれませんが、敢えて私は伏せさせて頂きます。

というのも上述したように、2級の出題範囲は広くもないし、コーヒー全般の基本的な部分なので捨て問の類なんかないと思っています。

私が受講した時は合格率が約80%だったんですから、受験者を落とそうとする捻くれた試験ではないですよ。

ただ、合格率が高いとはいえ無勉で受かるような簡単な試験でもないと思っています。

実技をもし間違えたとしても、筆記のみの点数で十分に合格は目指せますので、実技をフォローできる筆記の点数を狙うことが合否の分かれ目になりそうです。

ということで、コーヒーに携わっている方もそうでない方も、是非コーヒーインストラクター2級を受けてみてはいかがでしょうか。

きっと、コーヒーがもっと楽しくなると思いますよ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA