【100均】ダイソーのドリッパーでコーヒーを淹れてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コーヒー関連の器具や備品って値段が高いものが多いです。
100均で代用できるものがあったら嬉しいですよね!
今回は100均ドリッパーの実力を検証してみます。

 

 

スポンサーリンク

お値段以上か相応か

ドリッパーも各メーカーから出ているもので、安い樹脂製のものでも300円前後はします。

さらにはペーパーフィルターも各メーカーの純正を買うと100枚入りで、こちらも300円前後の出費となります。

それらに比べて100均だとドリッパー100円、ペーパーフィルターも90枚で100円、計200円で購入できちゃいます。

100均グッズは当たりはずれありますが、はたしてドリッパーはどうなのでしょうか?

ダイソーのドリッパーはカリタ型

今回行ったダイソーではドリッパーは台形型で1~2杯用と2~4杯用の2種類ありました。

ペーパーフィルターも両サイズありましたが、白い漂白タイプは1~2杯用サイズしかなかったです。
(店舗にもよるのかな?)

今回は1~2杯用のドリッパーに漂白タイプのペーパーフィルターを使用してみます。

100均ドリッパー

 

それぞれ中身はこの様になってます。

100均ドリッパーとフィルター

 

ドリッパーは台形で3つ穴式、まんまカリタです。

100均ドリッパーとカリタドリッパー
左:100均ドリッパー 右:カリタドリッパー

パッと見比べてみるとほぼ同じ形をしています。

唯一違うところといえば、100均ドリッパーの方がやや大きめというところ

同じ1~2杯用のドリッパーなのですが、微妙に大きさが違うんですね。

あわせて読みたい

 

ペーパーフィルターの質

とにかくドリッパーにペーパーフィルターをセットしてみましょう!

100均ドリッパーにフィルターをセット

 

 

・・・!?

 

 

なんか、フィルターすごい小さいんですけど(笑)

ドリッパーにフィットしません。

売り場にペーパーフィルターも数種類ありましたが、1~2杯用はこれしか売っていなかったので、サイズを間違えたとかではありません。

念のために自宅にあったカリタ純正のペーパーフィルターを装着してみたところ、やはりフィットしません。

カリタ製ペーパーフィルターを100均ドリッパーに。
カリタ製ペーパーフィルターを100均ドリッパーに。

 

先程の、サイズ感の違いはこんなところに影響が出るんですね。

そう考えると、そもそもこの100均ドリッパーに合うサイズのペーパーフィルターが無いということですよね。

 

そして、100均のペーパーフィルターはものすごく薄い!

フィルター越しにドリッパーが透けて見えます。

ちなみにこの漂白タイプ、パッケージには『酸素漂白』と書かれていましたが、なんだか不安になってきたので一応試してみました。

湯通し

フィルターの紙臭さはあるのか、フィルターにお湯を通して味見してみました。

若干、糊みたいなケミカルな味がしました。

気になる方は湯通ししても良いかもしれません。

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

抽出開始!

一抹の不安が残りますが、普段通りのドリップをしていきます。

まず、粉をセットします。

100均ドリッパーに粉をセット

続いて蒸らします。

100均ドリッパーにて蒸らし

お湯を注いでいきます。

100均ドリッパーで抽出

フィルターがフィットしてないんで、傾いて粉が溢れそうになりながらも、なんとか抽出完了です。

100均ドリッパーはアリか?ナシか?

100均ドリッパーのコーヒー

できたコーヒーを頂きました。

感想は

  • 滅茶苦茶雑味が出る
  • 薄い

です。

やや辛口評価ですが、このドリッパーに対してフィットするペーパーフィルターのサイズがないことが原因かと思います。

また、お世辞にもペーパーフィルターの質も良いとは思えません。

カリタのドリッパー&フィルターの方が良いかと。。。

今回は残念な結果となりましたが、引き続き100均のコーヒーグッズを探していきたいと思います。

※その他の100均グッズの記事はこちらからどうぞ。

あわせて読みたい

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA